がんカテーテルはどんな場面で使えるのか

芸能人ががん治療を公開するにつけ「自分ならどうするか」ということを考える機会が増えました。
まずは検査ですが、これは全国的に増えているのではないでしょうか。
都市計画もそうですが、がんも治療計画が必要な長期プロジェクトになります。
例えば抗がん治療についても「がんカテーテル」や最新の免疫療法など選択肢が多くあります。
最近知った「がんカテーテル」については3泊程度の入院でできるなど
仕事をつづけながらの治療も可能ですね。

No Comments for “がんカテーテルはどんな場面で使えるのか”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です