都市計画の理想図の看板に目を奪われた

都市計画の理想図の看板を目にしたときに、
子供の頃に見た近未来の図のような光景に目を奪われました。
あくまでも理想図ですからそれが実現するとは限りませんし、
実現しないほうが多いのですが仮にも都市計画のものですから、
あまりに現実離れしたものになるということもありません。
そのため、実現の可能性がある者のはずなのですが、
子供の頃には遠い未来の話だったものが
いま現実化しようとしているのを見て衝撃を受けたのです。
普通に生活をしていると日々の進歩というのは僅かなものですから、
大きな変化を感じにくいものですが
長い年月を経て看板を見てみると時代の変化に驚かされます。
都市計画の看板からこのような思いをするとは、考えもしませんでした。

No Comments for “都市計画の理想図の看板に目を奪われた”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です